!css

Raphael Cheminat

Raphael Cheminat

Group Country Head for Japan

Societe Generale

Raphael Cheminat has been Chief Country Officer for Societe Generale in Korea since 2012.

He joined Societe Generale in 1998 in the Corporate and Investment Banking Audit department in Paris and then New York, before moving to Bulgaria in 2003 where he was Head of the Inspection department.

He relocated to Hong Kong in 2006 in the Compliance department covering the Global Markets’ Equity businesses. In 2009, Raphael Cheminat was appointed Chief of Staff to the Chief Executive Officer in Asia Pacific.

Raphael Cheminat holds an Engineer degree from Ecole Polytechnique Universitaire de Lille and a Master’s degree from ESSEC Business School, Paris.

Published contents

26
Jul
2016
ソシエテ ・ジェネラル、日本における新グループ・カントリー・ヘッドを任命
ソシエテ・ジェネラルは、ラファエル・シェミナを日本におけるグループ・カントリー・ヘッドに任命し、2016年9月1日付で就任することを発表いたします。シェミナは東京を拠点に、アジア太平洋地域の最高経営責任者である尾形光の指揮の下、職務にあたり...
Asia-Pacific
ソシエテ・ジェネラルは、ラファエル・シェミナを日本におけるグループ・カントリー・ヘッドに任命し、2016年9月1日付で就任することを発表いたします。シェミナは東京を拠点に、アジア太平洋地域の最高経営責任者である尾形光の指揮の下、職務にあたります。
ソシエテ ・ジェネラル、日本における新グループ・カントリー・ヘッドを任命