!css

2016年第1四半期決算

04/05/2016

2016年第1四半期決算: ビジネスモデルの多角化による恩恵を受け、健全な業績

  • 業務粗利益:62億ユーロ(前年同期:64億ユーロ、経済活動と関係のない項目の控除後では前年同期比3.3%減)。リテールバンキング事業全般の好調な業績、ビジネスモデルの多角化、事業間相乗効果により、年初から銀行セクターでの厳しい環境下で生じた収益減の影響を相殺
  • 厳格な管理下にある営業費用:前年同期比0.5%減(欧州銀行間取引金利(EURIBOR)の不正操作に係る罰金の一部払戻金の控除後、およびIFRIC第21号基準による影響の修正再表示後)
  • 良質な資産を反映し、引当金純繰入額は減少(前年同期比10.1%減):事業リスク引当比率は46bp(1)(前年同期より9bp低下)
  • グループ当期純利益:リテールバンキング事業全般の大幅な成長により、前年同期比6.5%増の9億2,400万ユーロ(前年同期:8億6,800万ユーロ)。経済活動と関係のない項目の控除後では8億2,900万ユーロ(前年同期:8億3,300万ユーロ)
  • 普通株式等Tier 1(CET1)比率:2016年3月末時点で11.1%(2015年末時点の10.9%より25bp上昇)
    レバレッジ比率:4.0%(2015年末時点から安定)
  • 1株当たり利益は安定:0.90ユーロ(前年同期:0.91ユーロ)

 

プレスリリースをダウンロード