!css

ラグビーワールドカップへの道をともに

ソシエテ・ジェネラルは、ラグビーワールドカップ2019への道を皆さんとともに歩みます。

2019年9月20日から11月2日まで、日本中が情熱そして興奮に包まれます。ラグビーワールドカップ2019年日本大会(RWC2019)のワールドワイド パートナーとして、ソシエテ・ジェネラルは、この世界最大のラグビーイベントに向けて皆さんと一緒に盛り上げていきます。

ラグビーは、ソシエテ・ジェネラルのDNAに根差した価値観である「コミットメント」および「チームスピリット」を通じてコミュニティを結び付けることを体現したスポーツです。ラグビーワールドカップのオフィシャル バンクとしてのソシエテ・ジェネラルの目標は、今後一年間にわたり、ラグビーを通じて人々と「つながる」ことです。そして、この結び付きをビジネスの全てのレベルで大切にしています。

30年以上にわたるラグビーへのコミットメント

ソシエテ・ジェネラルは30年以上にわたりラグビーおよびラグビーコミュニティのパートナーとして、草の根レベルからワールドカップという最高峰のレベルまで、ラグビーのあらゆるステージに深く関わっています。

ソシエテ・ジェネラルは、500以上のアマチュアクラブを支援しており、これまで50以上の地域プロジェクトを支援してきました。これらは全て、ラグビーが成長段階の地域でラグビーをより発展させることに貢献しています。このラグビーへのコミットメントは、ソシエテ・ジェネラルの企業としての姿勢を反映しており、私たちのお客さまはもちろんのこと、当グループ社員の良きパートナーとして彼らを支援しています。

ソシエテ・ジェネラルは皆さんとともに

伝説のプレーヤーたち、胸が張り裂けるような瞬間、息を飲むような勝利などを通じ、ラグビーワールドカップは多様な文化、国、言語、コミュニティの人々を団結させる力を持っており、私たちは、皆さんと一緒にラグビーワールドカップでしか味わえない最高の感動を共有したいと考えております。

ラグビー界のレジェンドたちが私たちのラグビー・アンバサダーとして賛同してくれています。ジョニー・ウィルキンソン氏(イングランド)、ティエリー・デュソトワール氏(フランス)、マット・ギタウ氏(オーストラリア)、五郎丸歩氏(日本)、廣瀬俊朗氏(日本)です。

ソシエテ・ジェネラルは、チームスピリット、情熱、感動、そしてすべての社員、ファン、選手、ラグビー界のレジェンド、地域社会とともに、アジア初開催のラグビーワールドカップへの道を歩み始めています。

ソシエテ・ジェネラルのソーシャルメディアをフォローして、ラグビーワールドカップ2019への一生に一度の道を私たちとともに歩んでいきましょう。

@SocGen_Japan
@SocGen_HK
@SocGen_India