!css

モダンアートとクラシック音楽への支援

ソシエテ・ジェネラルは数十年前から芸術や文化を支援してきました。1987年以降、音楽界を支援する企業として地位を徐々に確立し、多くの若い音楽家やオーケストラ、合奏団をサポートしながら、従来の枠を超えた幅広い聴衆にクラシック音楽を浸透させることに貢献してきました。さらに、1995年にパリのラ・デファンスに新しい本社を移転した際、現代アートコレクションの展示フロアを開設しました。

ソシエテ・ジェネラルは、金融機関としての業務と文化支援の双方において最高レベルの創造性を探求しており、クライアントや経済活動に貢献するだけでなく、地域社会においても積極的なパートナーとしての役割を果たしています。
 

Also, since 2009, Societe Generale has been supporting the largest international art festival in China – Croisements Festival, with specifically a concert of Philippe Jarrousky in 2014, a concert of “Mozart dans tous ses etats” performed by the Pygmalion and soprano Sabine Devieilhe in 2016, the concert “Baroque Carnival” presented by Le Poeme Harmonique in 2017, a concert by Les Siecles in 2018 and a performance by Reinoud Van Mechelen in 2019.

Societe Generale is also supporting music in India. In 2013, together with Akademia, a well-known European instrumental and vocal ensemble, the Bank has implemented a training programme helping young musicians to develop a choir and a chamber orchestra dedicated to baroque music. Open-to-all concerts are regularly hosted or supported, with the ambition to introduce children from NGOs to music.

音楽の歓びをすべての人に


ソシエテ・ジェネラルの文化支援には従業員も携わっており、現代アートとクラシック音楽、両分野のパートナーとして長年にわたって支援してきました。

毎年6月21日のワールド・ミュージック・デイには、世界中のオフィスでプロの音楽家や、当グループの従業員で構成されたアマチュア音楽家による演奏会を催しています。
 

Related content

Bonjour India: Connecting with our clients through Art, Music and Culture