!css

ご挨拶

1864年、当時の産業革命の促進と産業に対する資金供給を目的として設立されたソシエテ・ジェネラルは、フランスを手始めにヨーロッパ各地でビジネスを展開してまいりました。設立から1世紀余りを経た1973年、ソシエテ・ジェネラルは東京に支店を開設し、日本のお客さまとのビジネスを開始いたしました。以来、40年以上にわたり、フランスを代表する金融機関として、最先端のテクノロジーを駆使した金融サービスをお客さまに提供し続けています。

現在、日本のソシエテ・ジェネラル は、傘下にソシエテ・ジェネラル銀行 東京支店、ソシエテ・ジェネラル証券株式会社 、リクソー投信株式会社の主力3社を擁しています。これらの3社は、投資銀行業務、グローバル ファイナンス及びグローバル マーケッツを軸とするソシエテ・ジェネラルの戦略に沿って事業を展開しており、アジア太平洋地域のみならず、グローバル戦略の実現に大きな役割を果たしています。

ソシエテ・ジェネラル銀行 東京支店は、外国為替、プロジェクト ファイナンス、エクスポート ファイナンス、トレード ファイナンスなど、さまざまな専門的金融ソリューションを日本のお客さまにご提供しています。また、ソシエテ・ジェネラル銀行の経験豊かなバンカーは、日本の大手企業と長期にわたる密接な関係を築いており、欧米および新興国での幅広いネットワークを利用して顧客のニーズに役立つビジネスチャンスを提供しています。

ソシエテ・ジェネラル証券株式会社 では、機関投資家、資産運用会社、年金基金、証券会社などのお客さまに対し、当社が得意とする最先端の金融工学の専門能力に裏付けされた、クロスアセットソリューションをご提供しています。また、主要通貨での外国債券、エクイティ商品を扱うトレーディング部門の他、リサーチ部門も擁しています。

リクソー投信株式会社は、マネージド・アカウント・プラットフォームを通じ、透明性と流動性を持つオルタナティブな資産クラスへのアクセスをご提供しています。金融機関のお客さまには、当社の専門性を活かして、機関投資家や個人投資家のニーズに適した投資商品を設計・提供することにより、価値ある長期的な事業パートナーとしての地位を築いています。

ソシエテ・ジェネラルは、ビジネスの枠を超えて、きわめて活動的で積極的な「企業市民」でもあり、日本の皆さまにもフランスの企業風土と社会的責任を発信するよう努めています。このことは長年、「教育を通じた社会参加」をテーマに、さまざまな芸術、スポーツ、慈善事業の取り組みやイベントを支援してきたことでも実証されています。

ソシエテ・ジェネラルは、お客さまとの信頼関係を重視しており、市場でのさらなる信頼の獲得そして、当社の地位をさらに強固なものにすることをめざしています。また、事業全体の業務効率を高め、将来に向けて社員・管理職の能力を育成、開発することに努めてまいります。

グループ・カントリー・ヘッド
ソシエテ・ジェネラル証券株式会社  代表取締役社長
ソシエテ・ジェネラル銀行 東京支店長
ラファエル・シェミナ