!css

社会貢献

ソシエテ・ジェネラルの社会貢献活動- CSR(企業の社会責任)

私たちは、経済を支えるという役割を自覚し、責任を持って全ての業務を行っています。私たちの企業の社会的責任(CSR)方針は、事業を遂行する際に起こりうる環境及び社会的問題に焦点を当てています。

シチズン コミットメント

企業は市民社会で重要な役割を果たしており、金融機関は経済と社会の発展を支えます。そのため、ソシエテ・ジェネラルは世界中で、日常的に企業市民として様々な活動に取り組んでいます。

ソシエテ・ジェネラルは、ソリダリティ(連帯)のためのソシエテ・ジェネラル財団の活動や、社員の活動参加を通じてシチズン・コミットメント(社会の一員としての責任)を実践しています。アジアにおいては、専門家からのアドバイスや社員のボランティア活動、財政支援を通じて各国の慈善団体をサポートしています。そうした取り組みの一環として、「アジアパシフィック・バイクライド」「シチズン・コミットメント・ウィーク」、さらには各国のCSRアンバサダーによる取り組みがあります。

アジアパシフィック・バイクライド

本イベントはアジア太平洋地域で、当グループ社員が参加する2日間のチャリティサイクリング・イベントです。参加者は地元のチャリティパートナーのために寄付を募ることで、地域社会を支援します。

シチズン・コミットメント・ウィーク

シチズン・コミットメント・ウィーク(CSR強化週間)は、毎年全世界の社員が力を合わせ、自国のチャリティーパートナーのために募金活動を行うイベントです。2014年はソシエテ・ジェネラル グループ創立150周年記念の折に触れ、今までのシチズン・コミットメント・ウィークで最大のイベントとなった、シチズン・コミットメント・ゲームが開かれました。シチズン・コミットメント・ゲームでは、パリでの決勝に向けて全世界でスポーツの大会が行われました。大会を通じて総額約1億2,600万円(90万ユーロ)以上の寄付金が集められました。